Buffer

Scratch bufferを付箋として使う

Emacsのscratchバッファーを簡易メモとして使うために作られたパッケージはいくつかありますが、設定だけで実現できる簡単なものを紹介します。必要な手順は以下の通りで

Scratchバッファの保存と復元

Scratchバッファはkillさせない。Scratchバッファーの内容を保存して再起動時に復元する。 これを実現させるための Emacs-lisp は沢山紹介されていますが、MELPAからpackage-installするだけで簡単に導入できるので紹介します。

タブを使わない究極のバッファー移動

Emacsのバッファー移動は、tabbar / ELscreen などのタブ系を使っていましたが、diredなどの隠れていてほしいバッファーまで開いてしまうのが嫌でした。 そんなときに、るびきちさんのこの記事を読んでiflipb.elを試してみましたのでレポートします。

Emacsの不要なバッファーを自動的にkillする

Emacsのbufferをtabで切り替えるのはあまり好きでないので switch-buffer の機能を使っているが、magitやdired関係の不要なバッファーが沢山増えていくと煩わしくなる。

手動で削除すれば済む話ではあるが、やっぱり自動化したい。MELPAでいろいろpackageを探したが適当なものがなく、ググっていたら下記の記事を見つけました。